非日常的なゴージャスな空間でDNAレベルから美しくなる

医療脱毛のメカニズム

医療脱毛レーザーとは

もうすっかり暖かくなってきました。お店にも春夏ものやサンダルが増えてきました。そこで気になるのは、脚や腕の余計な体毛です。かわいい洋服や靴があってもこれでは試着もできません。そこで、おすすめなのは医療レーザー脱毛です。聞きなれないかもしれませんが、エステの脱毛とは何が違うのでしょうか。クリニックで取り扱いができるレーザーについては、厚生労働省からレーザー脱毛は医療行為であると発表されています。つまり医療機関でないとレーザー脱毛は行えません。その点からいってもレーザー脱毛はきちんとした医療機関で行うことが大切です。医療レーザー脱毛であれば、強力なパワーのレーザーを使用することができます。強力というと少し怖いイメージですが、実際はほとんど痛みを感じることはありません。

医療レーザー脱毛をおすすめする理由

最新の医療レーザー脱毛を行うことで、毛根や毛乳頭までしっかりと破壊することができます。発毛指令を出す毛乳頭がなくなれば、今ある毛さえ自然に抜けてしまうので、毛は生えてこなくなるというメカニズムです。深部までしっかりと到達することができるので、治療の施術回数は医療レーザー脱毛の場合は、エステの場合よりも施術回数が約3分の1で済みます。レーザーのパワーの問題だけではなく、毛周期をきちんと見極めることが医療機関なら可能です。部位にもよりますが、5−6回で済むので、時間の節約にもなります。もちろんダメージを最小限に抑えることができます。早く施術を終えられたほうが、新しいファッションも早く楽しむことができます。